おしりの筋肉を鍛える

スタイルがいいか悪いかって姿勢が大きく関わっています。
ちょっと太めのひとでも姿勢がよければすらっとして見えますし、スタイルがいいのに姿勢が悪いひとはスタイルがいいことにすら気が付かないこともあります。
ウォーキングの教室もどんどん増えていますし、姿勢と美容の関係は今見直されています。
寒いのでつい縮こまって姿勢が悪くなってしまいますが、こんなときこそ背筋を伸ばして!

 

姿勢が悪いのは、いろんな筋肉が関係してます。
背中やお腹の筋肉。
姿勢を正すだけで腹筋が鍛えられるというのも事実です。
また姿勢を正すと腰痛が治るというひとも。
腰が痛いのは多くの女性の悩みです。
おしりの筋肉を鍛えることで腰痛を克服することができるんです。

 

おしりにもたくさんの筋肉があります。
歩いたり座ったりする際に使う筋肉はそれぞれ違います。
それぞれの筋肉がバランスをとって日常生活の動きをスムーズにしているので、座ったきりだとかひとつの姿勢だけに固まっていると、筋肉のバランスが崩れます。

 

おしりの筋肉で重要なのが、中殿筋という筋肉。
骨盤と股関節を結ぶ筋肉です。
歩くときに骨盤を安定させる役目があります。
骨盤を支える筋肉なので、この中殿筋が疲れてしまうと腰に不調がでます。
よく歩いたときは中殿筋に疲れがたまります。
中殿筋が疲れているかどうかは、セルフチェックをすることができます。
横になり、半身を縦にします。
上半身の左右どちらかを上にし、方ひじをついた状態です。
そこで上になるほうの脚を太ももから上に上げます。
このときにおしりが痛く感じるひとは中殿筋が疲れているかもしれません。
この動きは中殿筋が疲れているとできにくいので、反対に中殿筋を鍛えるエクササイズにもなります。
太ももやおしりの筋肉が鍛えられるので、毎日少しづつでも行うとヒップアップ効果があります。
歩き方のキレイになって一石二鳥。
テレビを見ながらごろりとするなら、脚上げてついでにエクササイズ、やってみましょう!