ヨーグルトの食べ方

美容健康食として大人気のヨーグルト。

 

 

低カロリーで栄養価も高く、腸内清掃にもなり、いいことづくめです。

 

 

発酵食品だから腸内環境が整います。

 

 

乳酸菌はおなかの味方。

 

 

免疫力を高めるためにもヨーグルトは毎日食べたい食品です。

 

 

 

 

 

ヨーグルトをただ食べるだけでなく、できることならその効果を最大限に期待したいですよね。

 

 

そのためには食べ方が重要。

 

 

そのまま食べても美味しいヨーグルトですが、フルーツを一緒に混ぜて食べるとビタミンCも摂れて栄養価がアップします。

 

 

フルーツの食物繊維は消化酵素によって分解されることはないので、そのまま大腸に運ばれます。

 

 

大腸まで届いたフルーツの食物繊維は、腸内の乳酸菌などの善玉菌のエサになり、腸内環境を整えるのでヨーグルトの効果は倍増です。

 

 

 

 

 

細菌流行っているヨーグルトを温めて食べるホットヨーグルトという食べ方があります。

 

 

温かいまま体内に入った乳酸菌は菌を活発にし、吸収率がアップします。

 

 

基礎代謝もアップするので、老廃物の排出もアップ。

 

 

ホッとヨーグルトのつくり方は、簡単。

 

 

焼く100gのヨーグルトに水とはちみつを大さじ1杯ずつ入れ、電子レンジで40秒から60秒温めます。

 

 

寒い冬の朝にはうれしい一品になります。

 

 

 

 

 

ヨーグルトをいつ食べるか、という議論がしばしばなされますが、食べる時間帯によってそれぞれのメリットがあります。

 

 

朝食にヨーグルトを食べると、腸が刺激されお腹の調子が整います。

 

 

昼食のヨーグルトは、外食で不足しがちなミネラルを補ってくれます。

 

 

おやつや間食のヨーグルトのはカロリーは低いので安心んして食べられます。

 

 

また空腹時のヨーグルトは乳酸菌の種類によっては、胃酸に負けてしまうことがあります。

 

 

先に水を一杯飲むだけでも胃酸の働きを弱めることができるので、お水を飲んでからヨーグルトという順番にします。

 

 

栄養価の高いヨーグルトはダイエットにも最適。

 

 

食事の前にヨーグルトを食べることで、ある程度の満腹感が得られるので食べ過ぎ防止にはいいです。

 

 

 

 

 

いろんな商品が発売され、種類豊富なヨーグルト。

 

 

味や食感、入っている菌もそれぞれ違いますので、自分好みのヨーグルトを探してみるのも面白いです。

 

 

いくらヨーグルトに美容健康の効果が期待できても継続しないと効果はでませんからね☆